So-net無料ブログ作成

#119 ポンテ・デッラ・リベルタ [Minecraft・イマジニア]

みなさん、おはこんばんちは。
猿島ジャックです。
 これはMinecraft(マインクラフト)の建築日記です。ディズニーをこよなく愛する猿島が、海と山にテーマの違う街「イマジニア(Imagineer)」を作りあげる模様をご紹介します。

 今回は"橋"を作りました。



★★★



IMG_2436.JPG

◆名前
 ポンテ・デッラ・リベルタ="自由の橋"と名付けました。
 ええ厨二病ですが(汗)、この名前の橋がベネチアに実在しまして、ベネチアの空港から向かう際、車かバスだとこの橋を通ることになります。

 ベネチアの玄関口ともいえる、リベルタ橋。イマジニアにおいては、カナルグランデエリアへ入る際に渡りますので、相応しい名前だと思い名付けました。

◆お手本
 実は今後の橋作りにおけるロールモデルとなりうる橋です。理由は、
①トランジットスチーマーラインが通れるサイズで、いちから作ったのはこれが初。
②造りが斜め
③テーマのあるデザイン

 特に①の意味は大きいです。今後も多くの橋を作ることになりますが、眺望とサイズの調和というのが本当に難しいんです。構想段階では"こういう景色が作りたい"と。しかし次の設計段階では"その景色はこの土地のサイズに収まらない" "水の都といいながら水要素がほぼ無い"というふうに、相反する結果になりがちなんですね。そこが難しくて。橋を含めた周辺の設計は実は3月から始めてますから、実に2ヶ月は費やしてます(苦笑)

IMG_2439.JPG

 つまり、サイズと眺望の調和を取る際の"ものさし"の役目を果たす橋でもあるんです。


IMG_2440.JPG

◆斜め
 "斜め"に橋を架けるというのは構想段階からの決定事項でした。対岸から見て"丘の街と橋"が両方映える構図を目指しました。この構図はイタリア中部の田園風景からインスピレーションを得ています。
 斜めということは水路も橋脚も斜めで、なおかつ船が通れるサイズにしなければなりません。この調整には実に三週間程かかりました(汗) ただ作り始めたら案外すんなりと出来ましたね。さすがコクリコット。しかも橋脚は元々一つでしたが急遽二つへ追加しました。

IMG_2437.JPG

IMG_2438.JPG

IMG_2441.JPG


★★★

隔週土曜日に更新予定です。ありがとうございました。また次回!

IMG_2442.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。