So-net無料ブログ作成

2016年、ありがとう [日記]




皆さんこんばんは。猿島ジャックです。
2016年もまもなく終わり。
今年の自分の一年を、ツイッターの一部を引用して振り返ります。



2016/01/01 fri 0:08
あけおメンチカツ!
ことよロースカツ!

2016/01/01 fri 8:38
元旦から仕事です。

2016/01/18 mon 15:32
SMAP解散、回避できるようですね。

結局解散しましたね……。

2016/01/26 tue 23:52
今年も行ってきました。神が与えたもうた休日(有給)に神頼み初詣ツアー2016 -31歳の冬-。宝くじ発祥の芝大神宮⇒出世の階段・愛宕神社⇒31歳独身と東京大神宮⇒芸能の神に小説完成祈願。牛天神・北野神社。白井くん、今度行こう(笑)

 先ほどは年末の神頼みツアー行ってきました。

2016/01/26 tue 23:58
昨日誕生日でして。31歳になりました。色々と取り戻せない年齢です(笑) 顕著に感じたのは、職場の20代の子達の飲み会に誘われなかったこと(笑) 頑張りますね、いろいろと。

 誘われました。本当感謝。

2016/02/05 fri 0:32
3年ぶりにディズニーランドに行ってきました。いやー疲れました。スターツアーズ最高!

 意外にもそんなに行ってなかったかと驚きました。

2016/03/01 tue 23:35
2年10ヶ月に渡る派遣社員生活が終わりました。長かったなぁ。給料上がるしどこか旅行行きたい!

2016/03/09 wed 23:02
昨日の羽田。はーー旅行行きたい!ひとり旅したい!

 この頃はまだ夢の段階。まさかイタリアに行けるとはね。


2016/04/18 mon 23:37
ディズニーランド行ってきました。ホテルなう。明日はシーです。ええ、ひとりです(笑)

2016/04/25 mon 02:12
これ、シルエットだけならイケメンじゃなくないですか?シルエットだけね。シルエットだけですよ、あくまで。やばなーい?w

 お泊まりディズニー2daysにて。ぼっちなんで写メ撮るのが大変だったなぁ。

2016/04/30 sat 17:12
羽田空港に写真撮影に来ました。思いの外空いてます。787乗りたい。

 乗れました。快適だったー。

2016/05/16 mon 22:09
ストームライダー、地震の影響で止まってます。これは、ストームライダーを無くさまいとする神様のいたずらだと思う。

2016/05/17 tue 09:23
#StormRider_Forever ストームライダーは一番好きだった。出発して川を飛ぶところ。変かもしれないけどワクワク感に感動して涙してた自分(笑)15年間、素敵な思い出をありがとう!キャストの皆さんお疲れ様でした!over!

 僕は結局乗れませんでした……。いつか戻ってきて欲しいアトラクションです!

2016/06/14 tue 21:55
日帰りで箱根に行ってきました。霧がすごかった。温泉サイコー♪

 あと芦ノ湖の船で外人さんに勇気出して話しかけて写真撮ってもらったのも思い出深い。2017年も温泉行きたい。

2016/06/18 sat 20:12
レストランで小学生の口から「この席は上座だね」という言葉がでてきて、わたくし、心底びっくりしております。

2016/07/12 tue 18:05
ヘイ・ヘイ・バナーナー!

2016/07/19 tue 5:34
女子と行ってきます(笑)

 ディズニーシーのトロピカルスプラッシュにどハマリしました。来年はもっと水を浴びたい(笑)

2016/08/13 sat 12:57
渋滞のアクアラインを抜け、木更津へ到着。目指すは、安房鴨川。アクアライン橋梁部走行中にポケモンGOを起動したら、マダツボミがいた。こんな海の真ん中で生きているとは……たくましい。

 今年の話題といえば、不倫とSMAP解散とトランプとポケモンGO。

2016/09/24 sat 10:44
iPhone7Plusを求めて、旅に出ます。

2016/09/30 fri 19:35
apple store 表参道にいます。おら表参道はづめてきたんだけどもよ、まぁー明るい街だなぁ。

 iphoneにマルコポーロと名付けました。気持ち悪いね(笑)

2016/11/02 wed 23:13
心の声「一ヶ月後、ワシ、ここにおるんやで」

2016/11/21 mon 0:20
出発案内が届きましたぁ!おお緊迫感あるな。

 イタリア旅行。

2016/11/24 thr 10:22
わー雪ですやん!

2016/12/01 thr 23:36
心の声「一週間後、アンタ、ここにおるんやで」

 ローマのコロッセオの拾い画を載せて一言。

2016/12/06 tue 12:18
イタリアぼっち旅行、行って参ります!

2016/12/06 tue 18:58(イタリア時間)
ドイツ・ミュンヘン空港にて乗り継ぎです。くそ寒いです!とりあえず無事ですw

2016/12/07 wed 08:22(イタリア時間)
おはようございます、イタリアぼっち旅行2日目です。ここはディズニーシーではなく川崎のラチッタデッラでもなくベネチアでした。

2016-12-07 Wed 10:32(イタリア時間)
涙が止まりません。美しい。

2016/12/17 sat 13:17
小説もまた書き始めようかな。

 イタリアでアイデアを得たので、また少しずつ書いて行きたいと思います。

2016/12/25 sun 20:38
メリークリスマスだバカ野郎

2016/12/25 sun 20:45
メリークリスマスだバカ野郎

「昨日はさー彼女がさー寝かしてくれなくてさーー。彼女寝不足なわけよ今日。ほら、しかも今日は俺っち仕事じゃん?だから一名様なわけよ、わかるー?」

という"程"で、ぼっちプロント飲み会。

2016/12/31 sat 13:11
毎年恒例、神頼みツアー2016。東京都内のパワースポットを大晦日に回ろうということで、今年も神頼みしていきます。もうね僕のような無能な人間は神頼みするしかありませんから」というのが合言葉です(笑)
まずは羽田神社に向かいます。

2016/12/31 sat 17:54
年末の神頼みツアー2016、おしまい。

★★★

総評。

 今年の思い出はやはり「イタリアぼっち旅行」。

 特にベネチア。死ぬまでに行きたい程度の消極的に考えていた夢の場所に、自分の足で、自分の力で訪れる事が出来たこと、本当に感激して男泣きした。というか何回泣いたことか(笑)

 他には小説はほとんど進めませんでしたけど、アイデアが湧いたのでぼちぼち進めようかな。マインクラフトに没頭した一年でもありました。今後はイタリアで見た素晴らしい景色を活かして建築進めます。

 色んな所に行った一年でもありました。箱根なんかどれぐらいぶりだっただろう。

 ありがとう、2016年。

 ようこそ、2017年。



 来年も素晴らしい年にしたい。

 皆さま、今年一年お世話になりました。
 来年も猿島ジャックおよびブログ「猿島より愛を込めて。」を宜しくお願い致します。

 来年の旅……、トランプに会いに行くか。



 よいお年を!!!!
 ありがとうございました!!!!

IMG_1692.JPG




コメント(0) 
共通テーマ:旅行

イタリアより愛を込めて 09 [旅行記]



2日目の続き。夜のベネチア・ヤショク作戦



17:00
夜のサンマルコ広場
17:43
ホテル、夜食の作戦会議「ヤショク作戦」

IMG_1589.JPG

 作戦会議。

 外国で初の食事。試練です。吉野家ならふらーーっと入れますけど(香港もそうだった 笑)、ここはイタリア。生ハムにチーズにピッツァにラザニアにカルボナーラ…。イタ飯は評判がいいですよね。当時は「まぁ初夜だし(言い方 笑)、日本語メニューがある店がいいなぁ」と弱腰になり調べますが、どこも高い。特に店が決まらないまま、空腹に耐えかねて街へ繰り出します。

猿島「Please keep my key」
ホテルフロント「Yes ,sir」

敬意を払ってイェッサーと言われる事の緊張感(笑)

19:07
レストラン、ウェイターのお兄さんが日本語

 ホテルからわずか1分半。よさげなレストランを発見。

IMG_1590.JPG

IMG_1592.JPG

 テーブル15卓ほどの狭め(でもベネチアは大抵狭い)のお店。外にメニューがありました。値段と食べたいもの(全て筆記体の英語)とにらめっこ。するとウェイターのお兄さんが店の外に出てきて話しかけられました。



しかも、日本語!



ウェイター「ボナセーラ、こんばんは!」
猿島「ボンジ……、こんばんは」

この旅で何度ボンジョルノとボナセーラを言い間違えたことか(笑) ボナセーラは日本語で"こんばんは"、主に15時以降に使います。

ウェイター「マイフレンド、お店どう?入りましょーう!」

……英語も満足に話せないぼっち旅です。

日本の友人は先生ぐらい。友達いない彼女いない将来性ない。後輩には小バカにされるし(笑)

そんな自分にマイフレンドだなんて……。
しかも日本語で迎えてくれる。



……そりゃ、お店入りますよねwwww




IMG_1591.JPG

19:14
プロセッコ、リゾット、ボナペティート
マイ フレンド、客引き

 レストランサンマルコというお店。その名の通り、サンマルコ広場から2分ほど。細い路地(ただリアルトとサンマルコを結んでいるのでそれなりに人通りがある路地)にあります。窓側の席に座ります。テーブルにはグラスが逆さに置かれ、テーブルクロスとナイフとフォーク。おい、嫌な汗がでてきたぞ(笑) 日本だと高級店によくありますけど、実際はイタリアはどこのレストランもこんな感じでした。

 先ほどのウェイター(イケメン)が笑顔でやってきて「マイフレンド!メニュー!イタリアの食事、どれも美味しい!スパゲティ、ハム、ワイン!マイフレンド考えて!」





 ……あらやだ、イケメンじゃねぇかよ(笑)





 この日はチーズとポルチーニ茸のリゾットとプロセッコ(発泡酒グラス)を注文。他にパンと水も。パンや水は注文していませんが出てくるうえ有料です。水は「ガス?ノンガス?」と聞かれます。要は炭酸水か普通の水です。ノンガスはミネラルウォーターでした。イタリアの水は硬水かつ石灰分があるので少し土というか砂利っぽい渋い味。日本人の口には合わないかもと職場の年長の方にアドバイスをもらってました。

IMG_1593.JPG

 リゾットはお米が硬いと思いましたがこんなものなのかな。味は良かった。量も食べやすかったし。
 プロセッコ(発泡酒)も美味しかった。
 ちなみにリゾットについて、帰国後に先生に聞いたところ、お米は炊かずにそのまま調理に使う為、固いのが普通なんだとか。

 マイフレンド……。いま思い出すだけでも泣きそう(笑)

 いやね、他人からしたら大したこと無いし、単なるサービスっていうのも十分分かってますよ。けどやはりこの旅はとにかく心細かったし、まして初めて一人で海外で味わう食事はこれが初ですから。食べる物やお店を選ぶのに困りながらメニューを見ていた自分に対して、相手の母国語で声をかけてお店へ迎え入れてくれたウェイターのお兄さん……。人はただの客引きだというかもしれないけれど、僕はこれは旅慣れてない自分への"おもてなし"だと感じました。今度ベネチアへ来ることがあれば、また訪れたいお店です。(詳細は後日書きますが、トリップアドバイザーシールは無いお店でした)

19:50
レストランサンマルコ 出発
19:59
ディズニーストア
20:23
マクドナルド

 ウェイターのお兄さんと別れ、夜の町歩きへ。夜もいい雰囲気です。昨日送迎してくださったオバタさんも仰っていたようにベネチアは夜も治安がいい街です。なにせ観光客がほとんどですし、日本人も何人か見かけましたしね。暗くて怖いイメージの場所も所々ありましたが、安心して歩けました。ただスリはご注意を。あと道に迷わないようリアルトとサンマルコなどは道順を記した看板がありました。ただどこの路地にも看板があるわけではなく方角がわからなくなってしまったので、方角を知る為に百均やスマホの"コンパス"があると便利かもです。

 レストランから北上。途中夜のリアルト、ディズニーストアへ。

IMG_1594.JPG

IMG_1595.JPG

IMG_1596.JPG

IMG_1597.JPG

 プーさんのぬいぐるみがめちゃめちゃ可愛かった!買ってくるべきだったなぁ。帰国後の話なんですが先生に写真を見せたら、



先生「……ナチス・プー?」



 ナチスちゃうわ(笑)たぶんボーイスカウト。

IMG_1598.JPG

IMG_1694.JPG

IMG_1693.JPG

 壁画はリアルト橋を背景にしたゴンドリエのミッキー。さすがベネチア。

 マクドナルドは注文はしませんでしたが、注文と支払いは4台あるタッチ式自販機で、受け取りはレジでという面白い形態でした。

IMG_1601.JPG

IMG_1600.JPG

20:50
サンタルチア駅

 改札が無いので駅構内へ入れます(ローマ・テルミニ駅は改札あり)。イタリアの鉄道を何枚か写真に収めました。また2日後にはここからユーロスター(フレッチャアルジェントという新幹線)でローマへ向かうので、切符の打刻機だったりトイレの場所を確認。

 この時、すごーーくトイレに行きたかったんですが(小の方ね 笑)、イタリアのトイレはほとんどが有料です(1€)。これは一番といっていいほどカルチャーショックでした。"トイレに120円"と考えると、ねぇ……。貧乏旅行ですし。
 なのでトイレは、レストランやホテルなどで"行ける時に済ませておく"ことを強く強くつよくオススメします(笑)もう保険頻尿だと思って行くべきです(笑) 僕は耐えきれず、駅前の橋を渡った建物にあるバーガーキングのトイレを借りました。

猿島「はーーすっきりした(笑)」

 駅からホテルへ歩きます。帰りはヴァポレットに乗っても良かったんですけどね。途中coopというスーパーに立ち寄り、ハリボーのコーラグミを200g1.78€(約200円)という破格の値段で入手。日本だと100gでこの値段しますから、だいたい半額ですね。もっと仕入れればよかったなぁ(笑)

 夜の街歩き。道は暗いですが、あまり怖いとは感じませんでしたね。

IMG_1603.JPG

IMG_1604.JPG

IMG_1605.JPG

IMG_1606.JPG


22:00
ホテル

 散々歩いて道に迷いかけて疲れて(笑)、ホテルの部屋へ到着。ベッドに倒れこみます。

 夢のベネチア。夢の"暖かさ"を満喫した一日でした。



2日目、12/7 海と太陽
終わり。



★★★



次回予告。

ベネチアの暖かさを噛みしめる、猿島ジャック。
しかし運命と電話に翻弄される。
曇天、極寒、第一使徒・霧の襲来。
第三使徒コスプレイヤーの奇襲。
そしてついに第四使徒・ピッツアとの戦いの火蓋が切って落とされる…。

次回、イタリアより愛を込めて
「12/8 理想と現実」
この次も、サービスサービス♪

よいお年を!
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

イタリアより愛を込めて 08 [旅行記]



2日目の続き。黄昏のベネチア。



16:04
アルセナーレ

 ヴェネチア共和国は強大な海軍と質の高い造船技術が特徴でした。ここアルセナーレはいわば造船所。現在はイタリア海軍の施設で内部は立入禁止です。

IMG_1566.JPG

IMG_1568.JPG

IMG_1567.JPG

 ここもニコニコ動画のぐあ@酒豪の人さんの影響でやってきました。情けない顔したライオン像の前で自撮り。他にも海の神ポセイドンの彫刻もありました。イタリアはあちこちに彫刻がありましたね。ただ、ぐあさんが行かれていたバールはこの日休業日でした。残念。

IMG_1569.JPG

IMG_1570.JPG

16:27
迷ってないですよ?
16:39
ダニエリ

 ……迷ってましたね、完全に(笑)

IMG_1573.JPG

IMG_1571.JPG

IMG_1572.JPG

IMG_1577.JPG

IMG_1574.JPG

 アルセナーレから歩いてホテルダニエリへ。有名な五つ星ホテルです。いつか泊まりたい。ヨーロッパの星の格付けはあまりあてにならないそうですよ。今回ベネチアもローマも三つ星でしたが、ローマは部屋もシャワールームも狭いし朝食は微妙だしフロントは無愛想だしまぁこんなもんかという感じでしたけど、ベネチアはとても良かったです。

IMG_1575.JPG

IMG_1576.JPG

16:47
パイナップル
 海岸で自撮りしてたところ、iPhoneのモニターに急に外人が映り込んできて、猿島思わず笑ってしまい、その瞬間に偶然シャッターが切れました。よく見たらパイナポー持ってんし(笑)

IMG_1564.JPG

外人さん「nice photo?」
猿島「si, nice pineapple!」

……なんだこのデタラメな返し(笑)
そして何故パイナップルを持っていたのか(笑)

IMG_1578.JPG

IMG_1581.JPG

IMG_1583.JPG

IMG_1584.JPG

IMG_1585.JPG

IMG_1587.JPG

IMG_1586.JPG

IMG_1588.JPG

IMG_1589.JPG



(続く)



コメント(3) 
共通テーマ:旅行

イタリアより愛を込めて 07 [旅行記]




2日目の続き。ベネチア観光・夕暮れ。
今回は写真多めです。読み込みが遅いかもしれません。すみません。



14:30
各駅停車一番
15:06
スキアヴォーニ河岸

IMG_1521.JPG

IMG_1522.JPG

IMG_1523.JPG

IMG_1527.JPG

IMG_1528.JPG

IMG_1526.JPG

IMG_1530.JPG

IMG_1529.JPG

IMG_1532.JPG

IMG_1535.JPG

 リアルトからヴァポレットで移動し、スキアヴォーニ河岸という海岸の停留所"GIARDINI"(すみません、読み方がわからない)で下船。ベネチアのほぼ東端です。

IMG_1533.JPG

IMG_1534.JPG

IMG_1538.JPG

IMG_1536.JPG

IMG_1540.JPG

IMG_1539.JPG

IMG_1541.JPG

海岸線が弓形なので、ドゥカーレ宮殿やサンマルコの鐘楼などが一望できます。早くも黄昏時。やる事はひとつ。

IMG_1542.JPG

15:39
自撮り大会

 ぼっち旅ですから、ええ(笑)

 後悔したのは、ゴリラポッドなどの"三脚"を持ってこなかったこと。全身の自撮りが大変でした。なので波止場によくある船を係留したりハードボイルドな刑事がタバコをくわえながら足を載っける鉄の塊のアレ(笑)の突起にうまくiPhoneを立てかけて、20回くらい写真撮りました(笑)撮りすぎ(笑)

EE65EFC6-57A7-4584-9BE5-932510C26CA1L0001--IMG_1224.JPG.jpg

IMG_1562.JPG

 我ながら、何なんだよこのポーズ(笑) 素顔がお見せ出来ないのが悔しい。恍惚とした表情をしております(笑)

 ここで一回スマホを落下させてしまいました!名誉の負傷(笑) 幸い動作は問題なく手帳型ケースの一部に亀裂、保護ガラスが少し削れただけで済みました。「ぼっち旅で全身自撮りしたい!」という方は絶対三脚は必須です。もし携帯が壊れたら相当大変ですから。言葉を調べたり地図見たりできませんしね。

IMG_1547.JPG

IMG_1545.JPG

IMG_1544.JPG

IMG_1546.JPG

IMG_1551.JPG

IMG_1550.JPG

IMG_1554.JPG



(続く)
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

イタリアより愛を込めて 06 [旅行記]




2日目の続き。ベネチア観光、ヴァポレット。

IMG_1503.JPG

11:02
ヴァポレットチケット、自販機で買えない。
 涙を拭いながら海岸を西へ歩くこと4分。ヴァポレット乗り場にやってきました。"ヴァポレット"とは水上バスのことです。カナルグランデを行き来する各駅停車1番、快速の2番がメインでよく使いました。ご注意頂きたいのは1つの停留所に対して乗り場がいくつもあり、路線や方角も乗り場により違います。危うく逆方向に乗りかけたこともありました。必ず乗り場の案内板と行き先を示す電光表示板がありますのでよくご確認くださいね。特にこの"San Marco"周辺はちと複雑です。

 ヴァポレットのチケット自販機があったので英語に切り替えて操作しますが、クレジットカード支払いのところで決済が出来ませんでした。おまけにトップ画面に戻れず自分が選択したまんま。後の人に迷惑になると思うとイヤーーな汗が(笑)

 結局会話しないと買えないなと観念し、すぐ目の前のチケットブースのお姉さんに話しかけました。ご挨拶は「ボンジョールノ」。イタリア語で"一枚チケットください"は「ウノ ビリエッティ ペルファボーレ」。ただイタリア語はまだ勇気が無くて話せなかったというビビりよう(笑) つたない英語でも何とか買う事が出来ました。2days乗り放題で30€(約3,800円)。

 ちなみにニコニコ動画のりょんたんさんがベネチアに行かれた際、見た目が若かった為に学生パスをゲットされていました。
(28€、29歳まで購入可。三日間乗り放題+一部の美術館等入館料込み)
 僕も見た目は大学生そのもので、コンビニでビールを買うと年齢確認されるくらいなので割引になるかなーーと少し期待しましたが、ダメでした(汗) 嘘は良くないね。パスポート提示要だそうです。若い方はぜひ。

 あとですね、この2daysというのは厳密には"初回の乗船時にICリーダーにタッチしてから数えて48時間有効"という意味です。なので初めにタッチした時間は覚えておくといいです。僕は覚えていなかった為にこの2日後、11時台に乗れるかどうかハラハラしてしまいました。

IMG_1504.JPG

11:42
サンジョルジョ

 ヴァポレットに乗ります。乗り方はネットでいくつもあがってますが、本当に簡単です。乗り場の手前あるいは黄色い乗り場に白くて丸いタッチリーダーが必ずあって、そこにパスをしっかりタッチして、緑のランプが点灯すればok。簡単です。場所によっては改札形式もあり(リド島など)。
 乗る時は当然降りる人が優先で、乗る人はロープの手前あるいはロープが無ければ床の黄色と黒のペイントの内側で待ちます。でないとイタリア人のヴァポレットのお兄さんに怒鳴られますよ(笑) 乗って良い時はちゃんとジェスチャーしてくれます。
 初ヴァポレットに揺られる事約5分。サンジョルジョ島へ上陸。サンマルコ広場の対岸にあります。島全体が教会になってまして、左奥はマリーナです(日陰+海風でかなり寒かった)

IMG_1505.JPG

12:00
あちこちで鐘!すごい迫力でした。

12:28
サンジョルジョ鐘楼、two persons

 ヴァポレット乗り場前の白い教会に入り、左奥に進むと鐘楼のチケット売り場があります。6€でした。お姉さんがいました。「One person,please」と言うと僕の後ろからお兄さんが現れてカウンターに入りながら陽気に「two persons!!(僕と君で二人分だよ!)」と言いました。お姉さんは白目向いて呆れ顔。

ふぁーーー外国人のあるあるリアクション、キターーー!!

 思わず大笑いしちゃいました(笑) いいお兄さんお姉さんだった。こういう出会い良いですね。

 さてエレベーターで鐘楼の展望台へ上がります。

 め、めっちゃ寒い!

 しかし絶景です。寒く無ければもっといたかったな。りょんたんさんの動画で見ていた景色が目の前に。感激しました。ここでは動画を撮影。

IMG_1506.JPG

IMG_1507.JPG

IMG_1508.JPG

IMG_1509.JPG

IMG_1511.JPG

IMG_1510.JPG

13:04
サンジョルジョからヴァポレット

IMG_1513.JPG

IMG_1514.JPG

IMG_1516.JPG

IMG_1515.JPG

13:56
リアルト橋

 ヴァポレットを乗り継いで、やってきたのはリアルト橋。この周辺はかつてベネチアの富が集まる中心地でした。現在は宝飾店や雑貨屋が集まります。ちなみに個人手配でイタリアへ行こうと考えていた時(10月頃)はすぐ近くのホテルリアルトでの宿泊を考えていました。今思えばサンマルコ広場近くで正解。何せ有名スポットなので観光客が大勢いまして、歩くのもままならないほどでしたから。

IMG_1517.JPG

IMG_1519.JPG

 リアルト橋も思いの外大きかった。桟橋で写真撮っていたんですけど柵が無いのであの人混みでこの付近を歩くのはちょっと怖いかも(水浴びしたいなら別ですが 笑)
 残念ながら北側は改修工事中でした。けど南側は大丈夫でした。

IMG_1518.JPG

IMG_1520.JPG

(続く)




コメント(0) 
共通テーマ:旅行

イタリアより愛を込めて 05 [旅行記]

皆さん、ボナセーラ!猿島ジャックです!
旅行記「イタリアより愛を込めて」の続きです。



2日目
12/7 海と太陽  ベネチア、サンマルコ広場、ヴァポレット、リゾット



★★★

IMG_1481.JPG

2016-12-07 Wed 07:07
2日目、起床。
08:17
「川崎のラチッタデッラみたいだねぇ」08:20
「やっぱりベネチアですね 笑笑」

 ……なんだこの感想(笑)
 けど夢のベネチアにいるんだなーーと思うとニヤニヤします(笑)
 川崎ラチッタデッラやディズニーシーは本当によく出来てるなと感心しました。本当そっくりです。窓の飾りとか壁のエイジングとか。
 なお二階の部屋(101号室)からは細い運河が見えました。ホテルの場所はサンマルコ広場のすぐ裏で歩いて30秒。朝起きて煙草を吸いに行くんですが、ホテルの横の橋の上で吸ってました。この細い運河を見ながら朝を迎えられるというプレシャス感、最高でしたね。ホテル前は幅員約3mと狭いですが、またそれがいいんです。

08:35
ブレックファースト、クローズしてないじゃん。
 部屋出てすぐ階段で、降りたらすぐ食堂と、部屋の位置も良かった。ただ食堂の看板には「Breakfast Closed」の文字と矢印。矢印の先には食堂。え?閉まってるの?と思いきや、フロントに「食堂は閉まってますか?」と聞いたらバリバリ開いてました(笑) 看板の向きを変え忘れたのかな。

 朝食はブッフェで選び放題食べ放題。種類はクロワッサン三種(プレーン、チョコ、アプリコットジャム)とコーヒー類(サイゼリヤにある機械と似てる)とフルーツ。そして、チーズに生ハム!やーうまかったーー!

 コーヒーはカフェクリーム。味はカフェラテと似てましたがコーヒーに泡ミルクが乗っている、いわゆるウインナーコーヒーっぽかったです。コーヒー感が味わえました。機械だけど美味しい。

09:01
鐘楼の鐘の音
 ベネチアでは約15分おきにどこかしらで鐘の音が鳴ってます。これは職場の年長者の方が実際にイタリアで体験した話で、夜中も鐘が鳴るのでなかなか眠れなかったのだとか。本当にそうだったので驚きました。ま、僕は爆睡でしたけどね(笑)

09:35
サンマルコ広場
 ホテルから歩いて30秒でサンマルコ広場です。

IMG_1482.JPG

IMG_1483.JPG

IMG_1484.JPG

昨夜は真夜中に通過しただけでしたので、きちんと見たのはこの時が初めて。狭い通路や建物やアーチを通ってきただけに、あまりの解放感におおおーーと呟きました。白い柱とアーチが三方を囲むように連なる長方形の広場です。ナポレオンが褒め称えたように、とても美しく広かった。あとハトが攻撃的(笑)すごく至近距離を飛びます。

 物売りも多かった。自撮り棒を5€で売ってきます。別の物売りはバラ一本5€、夜は空に投げると青く光って竹トンボのようにゆっくり降下してくるキレイなおもちゃを5€で売ってました。サンマルコ広場とは限らずコロッセオなど有名スポットには大抵いて結構強引なので、無視するか「No thank you」とやり過ごしました。

IMG_1485.JPG

 次に、広場に隣接するサンマルコ寺院を見学。ここは一階の見学だけなら無料です。中は撮影禁止、入口でマフラーや帽子を取るよう求められます。内部は右回りに見ていくんですけど、天井はほとんどが金色!なおかつ天窓から光が射すことで輝くので、威厳がありながらゴージャスな雰囲気です。

IMG_1486.JPG

 サンマルコ寺院で気になったのは、足場が悪いこと。黄金色の天井に見とれていたら何度も足をつまづきそうになりました。見ると床が陥没しています。このサンマルコ広場周辺は宮殿や寺院の重みで地盤沈下が進行しており、ベネチアで一番"低い"ところになります。ですので高潮(アクアアルタ)により一番初めに浸水するのがサンマルコ広場だそうです。その地盤沈下の影響で床が陥没しているのだなと推測しました。行く方は足元にお気をつけください。

IMG_1487.JPG

IMG_1488.JPG

IMG_1489.JPG

IMG_1490.JPG

IMG_1491.JPG

10:12
ドゥカーレ宮殿
 サンマルコ寺院の隣にある宮殿。今回見学はしませんでした。外観は写真や動画で見ていたよりも遥かに規模が大きくて驚きました。

IMG_1494.JPG

10:21


 宮殿の横を抜けて海岸へ。目に飛び込んできた景色に顔がほころびます。

IMG_1492.JPG

IMG_1493.JPG

 波音、海、揺れるゴンドラ、遠くには鐘楼、海沿いに連なる建物、輝く水面、太陽。

 とても暖かった。

 これほど美しい景色は見たことが無い。

 マスクの奥でほころぶ顔が徐々に歪んできて、
 僕は泣いた。
 涙が止まらなかった。

IMG_1499.JPG

 イタリア、特にベネチアを訪れることは長年の夢でした。ただ日本から遠いうえ言葉の壁もある。いつか自分が死ぬまでに行ければいいかなと思っていた。

 その夢の場所に、言葉の壁を越え、自分の足で辿り着いた。散々早出や残業をして疲れて、職場やプライベートで不愉快な事や目を瞑りたいような事があっても耐えたし、他人より劣る自分の成功体験を得るべく資金を貯めて自分は必ず行くんだという"情熱と勇気"が僕を支えていた。いま振り返れば躍起になっていたとも言えるかもしれない。毎日疲れていた。

 そういった事がすべて報われた気がして。

 僕は泣いてしまったのです。

 「よくここまで来たな、耐えてきたな、お疲れ様。泣いていいんだ」
…と心の中で自分を褒め称えた。

 座り込んで二十分くらい泣いた。
 海と水面とゴンドラが揺れる様をずっと見つめていた。
 写真やビデオも沢山撮ったけれど……、
 この美しい景色は生涯忘れないと思います。

IMG_1495.JPG

IMG_1496.JPG

IMG_1498.JPG



(続く)




コメント(0) 
共通テーマ:旅行

イタリアより愛を込めて 04 [旅行記]




1日目の続き。ベネチア到着。

DSC_0081.JPG

DSC_0083.JPG

DSC_0084.JPG

23:20
ヴェネツィア着陸、霧
  -ものの30分で到着。

ヴェネツィア・テッセラ空港。
別名、マルコ・ポーロ空港。
ベネチア出身の偉人"マルコ・ポーロ"の名を冠した空港です(自分のiPhoneもこの名前にしました)

後程お会いする日本人ガイドさんの話では、通常はミュンヘンから飛行機で50分かかり、今回は遅延の影響でかなりスピード出したのではとのことでした。なのであのスリリングな離陸は今回限りだろうと思います(笑)

DSC_0086.JPG

IMG_1446.JPG

23:35
スーツケースと再会。
  ロストバゲッジにあわず一安心。
  それとニコニコ動画のりょんたんさんのイタリア旅行動画に映っていた、カジノ風の回転台。動画で見た事あるやつや!とテンションあがる(今回の一人旅を決めたきっかけとなった動画です。)

DSC_0087.JPG

 到着ロビーに出ると、日本人アシスタントのオバタさんが出迎えてくださいました。わたくしの名前がローマ字で書かれたボードを持っていらっしゃいました。久々に聞く日本語の安心感。

オバタさん「ではホテルへ行きましょうね。お一人ですよね」

猿島「はい。英語もロクに話せないのに一人旅なんです」

オバタさん「まぁーいいじゃないですか!勇気ありますね。私も若い頃はよく一人旅しましたよ。」





……猿島はもう、アラサーだから(笑)





DSC_0090.JPG
 この風景はニコニコ動画の、ぐあ@酒豪の人さんのイタリア旅行動画に映っていた、空港バス乗り場。おおこれも動画で見た事あるやつや!と更にテンションあがる(こちらも旅のきっかけとなった動画です。)

 そして同行していたイタリア人男性に日本語で「こんばんは!」と話しかけられ、スーツケースを車のトランクルームへ。今回のツアーはホテル〜空港間のみ送迎があり(追加料金無し)、日本人アシスタントと専用送迎車といった内容。専用送迎ですよ。このプレミア感(笑) 前回の香港は空港で集合してから団体バスでしたからね。イタリア人男性の運転で車でベネチア本島へ向かいます。

 ベネチアの事はご存知の方も多いかと思いますが、簡単にベネチア情報を箇条書き。

・通称"水の都"
・大運河のカナルグランデを中心に150程の運河と400程の橋がある。
・なので実際は街は小さな島の集合体
・ベネチアはイタリア語読みで、英語読みは"Venus"ベニス
・アドリア海の干潟に無数の"杭"を打って地盤を作り、その上に街が作られた。
・杭は街中を歩いていてもあまり見かけなかった。だが悔いはない。
・元からイタリア共和国の都市だったわけではなく"ヴェネツィア共和国"という独立国だった。貿易と商業と東地中海最強の海軍や高い造船技術(たった一日で一隻)によって栄える。現在のリアルト橋周辺がおもな中心地で富も集まり宮殿や豪邸が建造される。やがてオーストリアやイタリアに支配され現在に至る。
・ベネチアはロンドンよりも霧の溜まり場。全く知りませんでした。特に秋〜冬にかけてがピーク。だからか。
・アクアアルタ(高潮)にはあわず(先にばらすスタイルw)

DSC_0091.JPG

23:58
ベネチア本島・ローマ広場にて乗り換え
 ベネチア本島は自動車や自転車が入れません(というかそもそも道路が無い)ので、代わりに水上バスや水上タクシーや渡し船が交通手段です。今回は自分専用の送迎なので水上タクシー。今回はかかりませんでしたが普段は乗船料1万円ほどするそうです(ひやぁーー 笑)

船の運転手さんに支えられ乗り込みます。
船内がクラシカルで雰囲気がめっちゃいい。

DSC_0092.JPG

船酔いして汚したら、どうしよう(笑)



運河を進みます。

本当に運河だらけ。
船用の信号もあります。
途中消防署を通りました。やはり車ではなく船で、建物内にまで水が引き込まれ、小振りで赤い消防船が係留されてます。
あとクリスマスが近いせいか、イルミネーションがあちこちに。

オバタさん「でもまぁ、日本の商業的なイルミネーションのほうが綺麗ですよ。なので、こちらはもうちゃちいです」

いやいや、半端なく綺麗ですって!!
(ただ割り増しで綺麗に見えていただけかも 笑)





夢のベネチア。



DSC_0094.JPG




……うん、霧ばっかり(笑)





船旅も終わり。スキアヴォーニ河岸という海岸で水上タクシーを降り、ホテルまで歩きます。サンマルコ広場を突っ切ります。

めっちゃ美しい。

霧とイルミネーションがマッチして、とてつもなく幻想的な雰囲気。

ついに来たんだ夢の場所に、と。
何かこみあげるものがありました。



2016-12-07 Wed 00:35
日付が変わり、ホテル到着
 送ってくださったオバタさんに通訳していただきながらチェックイン。このチェックインが不安だったんですが、現金のデポジットは不要、アシスタントの方が主に手続きしてくれるので非常に安心しました。
 "ホテルサンマルコ"といいます。しかしここは元々泊まる予定ではなかったホテルです。当日急遽変更になりました。もちろん料金など変わりなし。
 実はフロントと食堂を共用しているホテル同士でした。泊まったほうのホテルは階段降りたらすぐフロントと食堂なので、とても便利。ホテルの計らいで変更してくださったというわけです。
 部屋は101号室。(日本と違い、1階は地上階、2階から1階……と数えます)
 しかも部屋から運河が見えます。最高。
 この日はすぐ寝ました。

 しかしこのホテル変更が後日、猿島の心を揺さぶります……。

1日目、12/6 一人旅と霧
終わり。



★★★



次回予告。

ついに夢のベネチアに辿り着いた、猿島ジャック。
汗と努力と涙と、
情熱と勇気とパイナップルが押し寄せる。
孤独とメニューと尿意と戦う猿島を待ち構えていたのは…。

次回、イタリアより愛を込めて
「12/7 海と太陽」
この次も、サービスサービス♪




コメント(0) 
共通テーマ:旅行

イタリアより愛を込めて 03 [旅行記]

1日目の続き。ドイツ乗り継ぎ

16:31
到着、降機

DSC_0046.JPG

初のヨーロッパ、ユーロ圏。入国審査を省略する"シェンゲン協定"というものがありまして、ドイツ〜イタリア間は国内移動扱いになりイタリアでの入国審査はありません。よって初めに到着したドイツで入国審査を行います。

16:52
緊張の入国審査。ニット帽とマスクを外して10分ほど並び、ついに自分の番に。イケメンなドイツ人審査官に搭乗券も出したら「What is this!?」と突き返され、びびる(トイレ我慢してました 笑)
 入国後の行き先を訊かれ「イタリアに8日間」と回答。最後にスタンプを押され言われたのは「チャオ」。

 ちなみに「チャオ(ciao)」という挨拶は親密な間柄でだけ使うそうです。僕はこの八日間の旅でたった一回しか言いませんでした(後述しますが焦っている状況で反射的に言っただけ)。
 ですのでこの審査官は僕に対して"親しみを込めて"「チャオ」と言ってくれたんだと自己解釈しました。多分。もし本当にそうなら良い審査官だな。イケメンだし(笑)

17:03
人生初のヨーロッパ、ドイツへ入国です。
 ミュンヘン。霧だらけでくそ寒い!!外気温マイナス1℃。空港は2つのターミナルがあり、その間には広場"ミュンヘンエアポートセンター"があってクリスマスイベントをやってました。スケートリンクがあったり賑やかなワゴンがあちこちに出ていて、飾りやお菓子などが売ってました。これ、横浜赤レンガ倉庫でやってるスケートリンクとかオクトーバーフェスとか、案外クオリティ高いんだなと思いましたね。そっくりでした。

DSC_0060.JPG

 ドイツ・ミュンヘンはあくまで乗り継ぎ。出発まで約4時間あるのであちこち歩き回ることに。

17:14
動画撮影

DSC_0056.JPG

17:35
ドイツのパトカーはBMW
ちなみにイタリアも同じ。
17:57
ターミナル1へ移動。
ドイツ人(多分)に英語でタバコくださいと言われ、一本あげる。
「xmasプレゼントだよ」とジョーク言えばよかったと後悔。
18:06
ターミナル2に戻り、地下にスターバックス発見。ただ何も買わず 笑
見るところも無くなり疲れてきてしまったので、保安検査⇒搭乗口へ。

IMG_1444.JPG

IMG_1445.JPG

18:57
ミュンヘン空港Kゲート
無料のwifiが使えてよかった。
  -今回wifiルーターをGLOBAL wifiでレンタルしました。だいたい八千円。使える通信量は一日250MB。これを超えそうになったのはオルヴィエートとフィレンツェへ行った日だけ(理由は地図アプリ)。2MBの写真をSNSにアップしたのは1日1回、地図利用は電子書籍版のガイドマップとiPhoneのグーグルマップとの併用でしたので、もしガイドマップ持たずグーグルマップなどの地図をよく使うなら、3Gの500MB(金額はわすれました)でもいいなと思いました。あと2Gになる時は少なかったです。参考になればと思います。
  -ミュンヘン空港とフランクフルト空港にはwifiスポット"Telecom"がありました。登録制ですが無料ですし、ドイツ語以外に英語で登録できます。
  -wifiにつなげたので、安否確認もかねて数時間ぶりにツイート。

ツイッターより引用。
2016/12/06 tue 18:58(イタリア時間)
ドイツ・ミュンヘン空港にて乗り継ぎです。くそ寒いです!とりあえず無事ですw


DSC_0074.JPG

19:09
なんと自動エスプレッソマシン発見
どの種類も一杯2€。

DSC_0076.JPG

19:43
すごく眠い(日本は深夜3時)
  -旅行中はその時思ったことと時間を簡単に記録していたんですけど、まぁーーこの何のひねりもない感想ね(笑)
21:15
出会い
  -秘密(笑)

 ミュンヘン発ベネチア行の飛行機は21:30搭乗開始で22:00出発。一言も話さず(Hello
は言った)搭乗券を見せるだけで無事に搭乗はしましたが……。

22:49
離陸、霧、ロケットスタート
  -そう、出発が40分ほど遅れました。しかも霧だらけで視界不良なうえ、ロケットスタートで凄まじいG。離陸するなり急上昇急旋回。この時は飛行機怖いと思いましたね(ちなみに航空会社はエア・ドロミティというドイツの航空会社。小振りな飛行機でした)

DSC_0080.JPG

22:55
機内サービス。ホットコーヒー。
男性CAは砂糖の事をスイートと言ってました。まあ通じましたけどね。シュガーじゃないんだっていう。



(続く)




コメント(0) 
共通テーマ:旅行

イタリアより愛を込めて 02 [旅行記]




1日目の続き。機内の様子。

DSC_0029.JPG

14:50
機内食。洋食のビーフシチューを選択。めっちゃうまかったです!
そしてまさかのハーゲンダッツ!

DSC_0030.JPG

15:46
機内のトイレへ。とても綺麗でした。
時差は8時間。日本のほうが進んでいます。
この時はイタリア時間ですと07:46です。

 ここからはイタリア時間で表記します。

08:04
機内は睡眠タイムに。自動的に照明が落とされ窓は暗くなります(ボーイング787は他の飛行機と違って手動のブラインドが無いので、機械的に窓にフィルターをかけて明るさを調整します。サングラスのようなものですね。)
寝ないと決めてました。時差ボケ対策をネットで探していたところ、ヨーロッパは行きは寝ず、帰りに寝るのがよいのだとか。しかし眠い。iPadがあればなぁ。持っていくのを忘れてしまっていたんです。

09:00
仮眠。眠気の勝利(笑)理由としては機内が暗いうえ食後なので、否が応でも眠くなる。耐えきれませんでした。

10:03
ここどこ?羽田から4,244km地点
(ちなみに総飛行距離9,647km)
ほとんどロシアの上空を飛んでました。

10:23
ミッションインポッシブル3
iPhoneに落としていたものを観ました。

11:03
ミッションインポッシブル3 バチカン登場
 武器商人が取引の為に姿を現したのが、バチカン市国。今回このロケ地巡りも目的の1つでした(トム・クルーズ扮するイーサン・ハントがわざと車をエンストさせて渋滞を起こし、壁を登ってバチカンへ侵入するシーンがあります)

12:23
ミッションインポッシブル3 終了
12:37
ロシアはデカイ。ロシア時間だと夕暮れ。時間を遡るように西へ飛んでいるので、空が少しずつ明るくなります。

DSC_0038.JPG

13:08
ニュース、イタリア国民投票、首相辞任
13:15
水曜どうでしょうclassic 北極圏突入
初めてまともに見たんですが、くっそ笑った 笑
13:54
睡眠タイムが終わり、機内が明るくなる。

DSC_0031.JPG

DSC_0039.JPG

14:30
朝食、パンケーキとポーチドエッグ
メープルシロップが挟んであって、これも美味しかったです。

15:20
機内アナウンス、到着まで残り約1時間
15:44
下降開始
15:51
槇原敬之 遠く遠く
機内エンターテイメントにあって聞きました。「遠く離れていても僕のことがわかるように」のあたりで、また泣く 笑
16:10
ベルトサイン、最終着陸態勢

DSC_0042.JPG

16:26
ミュンヘン空港着陸、外気温-1℃



DSC_0043.JPG

DSC_0044.JPG

外は霧。もうそれ以外に見えない。機窓風景に期待と不安を募らせます。



(続く)
コメント(0) 
共通テーマ:旅行

イタリアより愛を込めて 01 [旅行記]

皆さん、ボナセーラ!(……ボ、ボナセーラ)

はい、猿島ジャックです!

さて今回から1年ぶりの旅行記をお送りします。先に言いますが、長くなります。それでも良ければお付き合いくださいませ。マインクラフターの皆さんに喜んで頂けそうな画像や、これから旅行へ行く方へのプチ情報も織り交ぜます。

あとはですね、「海外へ行ってみたいけどためらっている。自分には無理だ……」というあなたにも読んで欲しいです。背中を押してあげたいです。



僕も行く前はとても不安で緊張しました。

勇気も根性もお金も無いんですから。
(あるのは好奇心と情熱ぐらい 笑)

でもこんな自分でも行けたんです。

あなたならきっと大丈夫!





……ですが、下調べと準備は必要です。それが足りなかった事が今回の僕の反省点です。危険な目にもあいました。あとお金。他の方の言葉を借りますが、海外において"安心"はお金で買うものです。下調べと準備とお金、それらがあなたの身を守ってくれます。

ですので、僕と同じ"旅に慣れていない方"に役立ちそうな情報や体験談も書いていきます。むしろこっちが多いかな。旅慣れしてる方は予めご了承ください。



さてさて、今回の旅行記をご覧いただく上でのキーワードが、3つあります。

1、海外旅行は2回目。しかも英語は少ししか話せない。

2、今回は一人ぼっちです。

3、行先は、イタリア!!



EE65EFC6-57A7-4584-9BE5-932510C26CA1L0001--IMG_1224.JPG.jpg



猿島ジャックの旅行記2016

「イタリアより愛を込めて」






はじまり、はじまり!!




★★★



目次とスケジュール

12/6 一人旅と霧  羽田⇒ミュンヘン乗継⇒霧のベネチア
12/7 海と太陽  ベネチア、サンマルコ広場、ヴァポレット、リゾット
12/8 理想と現実  ベネチア、貴族、鐘楼、カフェラテ、ピッツァ
12/9 安堵と出会い ベネチア⇒新幹線⇒ローマ、夜のコロッセオ
12/10 諦めと決断  ローマ⇒オルヴィエート⇒フィレンツェ⇒ナポリ?
12/11 神と別れ  ローマ、眼鏡、言葉の壁、カルボナーラ、スマホ
12/12 情熱と勇気  ローマ⇒フランクフルト乗継、ソーセージ
12/13 一人旅と涙  フランクフルト⇒羽田、わらび餅



★★★



1日目
12/6 一人旅と霧  羽田⇒ミュンヘン乗継⇒霧のベネチア



2016-12-06  Tue 07:00
1日目、起床。
昨年香港へ共に旅行した友達、通称"先生"の家に今回も泊めてもらいました。自宅から羽田空港へは結構距離があり、先生の家から行くほうが近い為です。先生は仕事なので家の前でお別れ。

先生「大丈夫、骨は拾いに行ってあげるから」
 ※前回、羽田神社へ参拝したときに言われた(笑)



 ちょっとばかし先生を褒めます。話が逸れますがすみません。
 先生には感謝しています。今回旅のサポートをしてくれて、旅行グッズを借りたり、旅費の一部を借りたり。正直僕は友達が少ない(いないに等しい)うえに働く貧乏。(けれど夏前から頑張って貯金してました。ただそもそもベースのツアー代金が自分にとってはそりゃもう大金だったので、貧乏旅行を覚悟した上で旅費の一部をお借りしました)
 今回の旅でも万が一僕の身に何かあれば、海外経験の無い親と連携してもらえるようにお願いをしていた。先生は英語堪能だし冷静沈着。自分で決めた一人旅だから何かあれば自己責任だけれども、旅の最中は心の支えだった。僕には先生ぐらいしか頼れる人がいない。「命を預ける」そんな想いもあった。

 実は最終日に羽田に着いた後にも会ったんですが、とんかつ和幸でふっつーーーに食事してる先生のスッとした冷静な顔を見たら、凄まじくホッとして、そして申し訳無さも交じって(この理由は旅行記終盤で書きます)、とんかつ屋で思わずぼろぼろ泣いてしまった。

 僕のマスクが暖かい涙で滲みました。

先生「ご無事でよかったです」

 自分にいつも良くしてくれて本当に本当に感謝してます。ありがとう、心の友よ(ジャイアンか)



08:21
先生と別れ、ついに一人です。羽田空港へ向かいます。
京急線内にて猿島「……旅行ってしんどい」
 実はこの旅の為にスーツケースを買いました。容量38リットルで約一万八千円。厚手の服を入れた為もう少し大きくてもよかったかもです。
 人混みのなか転がすのはこれが初めてでした。あれ人混みだと気を遣うね。

08:30
横浜駅到着

09:13
少し遠回りをして京急高速バスで羽田へ。
ベイブリッジを渡り、泣きそうになる。天気は快晴。いつも見る横浜ランドマークタワーとも、しばしの別れです。

DSC_0003.JPG

40分ほどで羽田空港国際線ターミナルに到着。スーツケースに貼る目印として、羽田でステッカーを購入。ロストバゲージにあいませんように……。スーツケースとはベネチアまでしばしのお別れです。

 今回はANAハローツアーに参加しました。航空会社は日本〜ドイツ間はANA、ドイツ〜イタリア間はルフトハンザ航空です。(ちなみに数日前までルフトハンザ航空はストライキをしてました。危ね 笑)
 ただツアーとはいいますが空港~ホテル間の送迎がある以外は、完全に一人行動です。

10:25
ANAカウンター・手荷物預け入れ

猿島「初めてなのでお聞きするんですが、どうやって乗り継ぐんですか?」

ANAのお姉さん「えーと、ドイツで荷物受け取りは、えー、不要なので、(ニコッ)搭乗券持って乗り継ぐだけです(ニヤッ)」

猿島「は、はぁ」

初心者の自分にとって不安な旅の幕開けです。
まぁ「現地で聞いてね」っていう事なんでしょう。旅慣れてない自分がいけないし、こういう対応されても仕方ないですね。



10:40
両替 31,520円 250€
恥ずかしながら、貧乏旅行です。
10:44
母からメール。泣きそうになる。
11:08
手荷物検査⇒出国審査
欧州でもそうでしたが、コートやマフラーも脱がなければなりません。ご参考までに。
11:18
搭乗口付近のカフェ。先生にメール「もう帰りたい 笑」

DSC_0005.JPG

12:20
搭乗時刻「すごく緊張してます」
便名NH217、行先はドイツのミュンヘンです。
ほとんど日本人でしたが、日本語ペラペラなドイツ人女子大生もいました(かわいかったw)
周りの方々は赤パスポートで自分は紺色のパスポート(赤は10年間有効、紺は5年)。紺色だとちょっと恥ずかしいんですよね(汗)

DSC_0010.JPG

DSC_0012.JPG

12:40
搭乗。
 憧れだったANAの787-9ドリームライナーに搭乗!興奮と緊張!
 席は33A窓側。横3列の座席。ANAハローツアーは事前座席指定が可能だったので、1か月前から窓側を指定してました。
真ん中は空席で、通路側は日本人ビジネスマンでした。長時間なのでよろしくお願いしますとご挨拶しましたが少し無愛想でした。でもまぁ日本人で安心しました。トイレへ行くのに気を遣いますからね(実際やはり気を遣いました)

12:45
ドアクローズ

ツイッターより引用
2016/12/06 tue 12:18
イタリアぼっち旅行、行って参ります!

13:03
離陸
この飛ぶぞーーっていう感じがワクワクします!
iPhoneで三代目J Soul Brothers「Summer Madness」を聞いてました。この曲は以前ANAのテーマソングでした。

DSC_0017.JPG


ふぁーー景色が傾いてる!!(引用:猿島の香港旅行記より)


DSC_0023.JPG


DSC_0027.JPG

13:07
北向きに離陸。高度上昇中、ディズニーリゾート上空を通過し大興奮(笑)
13:31
すっごい揺れる
13:37
リップスティックを買い忘れた事に気づく。
帰りのドイツ⇒羽田便は乾燥してましたが、行きは乾燥した感じはありませんでした。さすが787。

さらば、日本。



(続く)



コメント(0) 
共通テーマ:旅行